農薬は食べないで

おぐらやま農場の年間コース会員募集中!

りんごの木オーナー募集中!

携帯ページ

おすすめ商品

農場日記

松村 暁生

こんにちは!おぐらやま農場の松村です。農場の毎日の様子や作物の育ち具合など奥さんのてるちゃんがブログでお伝えしていきます。(動画も見れます)
店長日記はこちら >>

りんご

桃

りんごジュース

トマトジュース

にんじんりんごジュース

ももドリンク

ジュースセット

おぐらやま農場の特徴

農場日記

新規会員登録

信州・安曇野 おぐらやま農場は、‘‘いのちと心をつなぐ農産物づくり‘‘ を目標に、土着微生物・植物有用菌が土作りの主役(化学肥料・除草剤は使っていません)です。ネットショップでは無農薬栽培のトマトジュース、低農薬栽培のりんご・ももなどの果物ジュース(標準使用の3分の1以下)、を紹介しています。
HOME»  りんご»  シナノスイートりんご まるかじりサイズ 10キロ箱(約52玉)

シナノスイートりんご まるかじりサイズ 10キロ箱(約52玉)

シナノスイート

「1日に1個のりんごは医者を遠ざける」という言葉があるくらいりんごは体にいいと言われています。このまるかじりりんごは小玉サイズですので、1回食べ切りできるサイズです。味も小玉だからといって大玉には負けていません。とても美味しいです。

りんごの皮の部分が「ポリフェノール」(抗酸化物質)をたっぷり含んでいて、体を若々しくしてくれます。

りんごにはもともと、自分自身の体を酸化させないように、一番空気(酸素)に触れる部分(皮)に抗酸化物質を含蓄させます。

そして当農場のりんごは、化学肥料などの肥料を何年も撒いていません。無肥料栽培でのりんごですので、皮にもほとんど苦味など感じません。

除草剤なども一切撒かずに草も全て、刈り取っています。

安心してお召し上がりください。

 

NEW

  • シナノスイートりんご まるかじりサイズ 10キロ箱(約52玉)

  • 販売価格

    4,200円(税込)

在庫切れボタン
  • 出荷時期
     
    10月7日頃~11月中旬頃
    出生
    長野県果樹試験場において「ふじ×つがる」から交配育成されました。
    特徴
    糖度が高く酸味が少ないスイート系のりんごです。近年とても人気が出てきました。秋映ほどは真っ赤に染まりません。貯蔵性は常温で3週間ほどで日持ち良いタイプです。

    ご希望の方はのしもおつけします
    緩衝材に環境にやさしい昔ながらの「もみがら」を使用させていただいています。

     
     

    →→ おぐらやま農場のりんごのおいしさの理由は?

    →→ 農場主 毎月連載 畑が教えてくれたこと

    (りんご作りの背景がわかれば、おいしさも倍増!!)

    →→ 信州安曇野 おぐらやま農場について


     
  • 安全な農産物作りに真摯にチャレンジするのがおぐらやま農場の生命線です


    病気に負けない活力のある果樹を育てるために健康な土作りをもっとも大切にしています。

     

    おぐらやま農場が取り組む「炭素循環農法」は窒素肥料を施肥するこれまでの常識を一旦棚上げして、炭素比率の多い「木材バーク・籾殻・わら・キノコ廃菌床など」の炭素資材を畑に積み上げて森林土壌を畑に再現していく農法です。

     

    通常10アールあたりの微生物重量が約500キロあれば肥沃な土地と言われるようですが、この農法に転換して数年後には10倍~15倍の微生物が常時棲息するようになり、積み上げていく炭素資材を餌としてどんどん消費していきます。

     

    炭素の量に比例して微生物が飛躍的に増えていくと微生物由来養分が豊富になり、作物の質・量共に素晴らしいものを収穫できるようになるのです。

     

    化学肥料や畜糞由来の高窒素肥料が直接植物の根から吸われて大きくなった農産物との違いは歴然としたものになります。完全に転換できるまで、果樹栽培では5年ほどかかると言われていますのであせらず少しずつの転換となりますが、年毎に美味しくなっていく果実をお楽しみください。

    農薬使用は慣行栽培の30%以下を基準とし、化成肥料・除草剤は一切使用いたしません。

     

    また転換中の補助技術として手作りのミネラル肥料・微生物液肥を活用します。

    化成肥料でつくる果実は大玉になり収量も確保できますが、土中の微生物たちの繁殖を抑え地力低下の原因となり長い目で見ると病気にかかりやすい体質の果樹を育ててしまいます。また味に苦味や渋みを残すことがあり、さわやかな甘さと香りこそが桃の本味だとすれば、収穫量が減ってしまっても化成肥料は使わず、木に残す玉数を減らして、一つ一つの実に美味しさの篭ったものを目指します。

    また除草剤で草を枯らし果樹園の草を敵扱いしなくとも、草には生命力豊かな土作りの一役を果たしてもらっています。

     

    そして、おぐらやま農場が位置する長野県安曇野。雄大な北アルプス山麓に広がる緩やかな傾斜地。清き水と豊かな土壌。日本有数の日照時間・晴天日の多さと、標高700mほどの高原性気候は一日の寒暖差が大きく、植物の光合成作用が最大となる条件がそろっています。「果物作りの最適地」だからこその美味しさを感じてください。

     

    私たちの農産物はほぼ100パーセントが産地直送の直接販売です

    大量生産・大量流通・大量消費の時代の流れを逆行しているかも知れませんが、本当にいいものを、それを理解してくださる方に食べていただければ幸いです。


    この価格でがんばりますから、多くの方にお届けできることを希っています。

    またりんごの見た目よりもりんごの生命力、おいしさを第一に考えた栽培のためりんごの葉っぱも摘みません。そのためりんごに葉っぱのあとが残る場合もあります。袋をかけない無袋りんごですので、お日様の恵みもたっぷり受けています。


     

    →→ おぐらやま農場のりんごのおいしさの理由は?

    →→ 農場主 毎月連載 畑が教えてくれたこと

    (りんご作りの背景がわかれば、おいしさも倍増!!)

    →→ 信州安曇野 おぐらやま農場について

関連商品