おぐらやま農場の年間コース会員募集中!

りんごの木オーナー募集中!

携帯ページ

おすすめ商品

信州・安曇野 おぐらやま農場は、‘‘いのちと心をつなぐ農産物づくり‘‘ を目標に、土着微生物・植物有用菌が土作りの主役(化学肥料・除草剤は使っていません)です。ネットショップでは無農薬栽培のトマトジュース、低農薬栽培のりんご・ももなどの果物ジュース(標準使用の3分の1以下)、を紹介しています。
HOME»  ビタミンについて
体の調子を整える ビタミンについて

ビタミンについて

私たち人間が生命活動を維持するためには、三大栄養素と呼ばれる炭水化物、脂質、たんぱく質が必要です。三大栄養素をエネルギーに変換する際はビタミンB群が必要になります。
生きていくうえで欠かせないビタミンですが、体内で生成することができないので食べ物から補わなくてはなりません。
ビタミンについて紹介いたしますので、バランスのとれた食事の参考としていただければと思います。

ビタミンの語源

最初に発見されたビタミンがアミンの1種、ビタミンB1です。
アミンは生命活動に必要な化合物のことで、ラテン語の生命を意味する「Vita」と「Amine」を合体させてVitaminという言葉ができたそうです。

ビタミンの種類

・水溶性ビタミン
水に溶けやすい性質を持っており、多く摂取したとしても汗や尿によって排出されます。主な水溶性ビタミンは、ビタミンC、ビタミンB群(B1、B2、B3、B5、B6、B7、B9、B12)などです。

・脂溶性ビタミン
油に溶けやすい性質を持っています。汗や尿による排出が困難で、多く摂取すると人体に害を及ぼす場合があります。主な脂溶性ビタミンは、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKです。

水溶性ビタミンが不足すると

水溶性ビタミンは一度に沢山摂取するのではなく、こまめに摂取することが大切です。水溶性ビタミンが不足すると疲れやすい体になり、貧血やめまいなど体の不調に繋がります。

脂溶性ビタミンを摂り過ぎると

普段の食事の中では、脂溶性ビタミンを摂り過ぎるという心配はありませんが、サプリメントなどで摂り過ぎてしまう場合があります。
吐き気がする、髪が抜けるといった症状が現れる場合がありますので、サプリメントなどからの摂り過ぎには注意して下さい。

ビタミンは不足しても摂り過ぎても体に良くありませんので、バランス良く摂取するように心がけることが大切です。毎朝野菜ジュースを取る習慣は、バランスの良いビタミン摂取の一番の近道と言えます。

 

当店では、旬の野菜や果実など生命力溢れる農産物の販売を行っております。
人参や玉ねぎ・じゃが芋などの無農薬野菜を販売しておりますので、家族の健康を願うどんなご家庭でも安心してお求めいただけます。