おぐらやま農場の年間コース会員募集中!

りんごの木オーナー募集中!

携帯ページ

おすすめ商品

信州・安曇野 おぐらやま農場は、‘‘いのちと心をつなぐ農産物づくり‘‘ を目標に、土着微生物・植物有用菌が土作りの主役(化学肥料・除草剤は使っていません)です。ネットショップでは無農薬栽培のトマトジュース、低農薬栽培のりんご・ももなどの果物ジュース(標準使用の3分の1以下)、を紹介しています。
HOME»  人参に含まれる栄養成分について
できれば皮まで食べたい 野菜を長持ちさせるための保存方法

人参に含まれる栄養成分について

近年では健康志向の方が増えてきたので、無農薬の野菜が数多く販売されています。
おぐらやま農場でも、無農薬人参やにんにく、じゃがいも、玉ねぎを栽培・販売しています。
そこでこちらでは、人参に含まれる成分についてご紹介いたします。

人参に含まれる成分

人参には、多くのカロテンが豊富に含まれています。
このカロテンは、必要に応じてビタミンAに変わることもできますし、成人男性の一日の摂取量の2倍以上の栄養分を摂ることができます。
ビタミンAに変わらなかったカロテンは、抗酸化作用を持っているので、体に様々な悪影響をもたらす活性化酸素を除去するのに最適なのです。

また、カロテンの他にも、ビタミン類やカリウム、鉄、リンの栄養成分を含んでいますので、料理で毎日摂取するのは難しくても野菜ジュースにして朝・昼・晩と飲むようにすると良いでしょう。毎日摂ることで、健康的な体づくりをサポートしてくれるのが野菜なのです。

人参の栄養成分を摂るためのポイント

人参に含まれているカロテンは、脂溶性なので生で食べるよりも油で調理した物を食べる方が効率よく吸収できます。
もし、人参を生のままサラダで食べる時には、マヨネーズやオイルが入っているドレッシングを使うのがおすすめです。
また、皮に多くカロテンが含まれているので、皮も捨てずにできるだけ料理に利用するように心がけましょう。

このように人参には様々な栄養成分が含まれており、その成分によって体のエネルギーが作られて健康的な生活が送れるのです。

 

おぐらやま農場では、皆様の健康に貢献できるような野菜をお届けしたいという思いを込めて、野菜自身が健康に育つようにと農薬や除草剤などを一切使用せずに栽培しています。
爽やかで甘い味わいの無農薬人参なので、お子様からご年配の方まで幅広い世代の方に喜んでもらえると思います。