おぐらやま農場の年間コース会員募集中!

りんごの木オーナー募集中!

携帯ページ

おすすめ商品

農場日記

松村 暁生

こんにちは!おぐらやま農場の松村です。農場の毎日の様子や作物の育ち具合など奥さんのてるちゃんがブログでお伝えしていきます。(動画も見れます)
店長日記はこちら >>

りんご

桃

りんごジュース

トマトジュース

にんじんりんごジュース

ももドリンク

ジュースセット

おぐらやま農場の特徴

農場日記

新規会員登録

信州・安曇野 おぐらやま農場は、‘‘いのちと心をつなぐ農産物づくり‘‘ を目標に、土着微生物・植物有用菌が土作りの主役(化学肥料・除草剤は使っていません)です。ネットショップでは無農薬栽培のトマトジュース、低農薬栽培のりんご・ももなどの果物ジュース(標準使用の3分の1以下)、を紹介しています。
HOME»  野菜を長持ちさせるための保存方法
美味しさと栄養価を逃がさない! 野菜を長持ちさせるための保存方法

野菜を長持ちさせるための保存方法

無農薬野菜をお取り寄せしても正しい保存方法が分からないと、野菜が傷んでしまう可能性があります。
そこでこちらでは、野菜を長持ちさせるために大事な保存方法をご紹介いたします。

人参

湿気に弱いので、数本ずつ新聞紙に包み野菜用保存袋に入れて冷蔵庫に保存するようにしましょう。
冬の寒い時期には、同じく新聞紙に包んで箱のまま冷暗所に置いておくこともできます。

じゃがいも

じゃがいもは冷蔵庫に入れずに保存することができます。但し注意しなければいけないのが、日光です。
日に当たることにより、芽が育ってしまいます。風通しの良い冷暗所で保管するようにしましょう。
また、じゃがいもと一緒にリンゴを袋に入れて保管するのも良い方法です。リンゴの成分が芽の成長を抑えてくれる働きをもたらします。

玉ねぎ

玉ねぎも湿気に弱い性質を持っているので、風通しの良い冷暗所に保管するのが最適です。
使う部分をカットして残りを冷蔵庫に保管することもあると思うのですが、切り口が乾燥しないようにしっかりとラップして空気を入れないようにして下さい。
また、新玉ねぎは通常の玉ねぎよりも水分量が多く傷みやすいので、袋に入れて野菜室に保管し、早めに召し上がるようにして下さい。

にんにく

にんにくには様々な保存方法があります。
・にんにくを丸ごと1個新聞紙に包み、袋に入れて野菜チルドなどで冷蔵保存できます。
・ひと房ずつに分けて野菜用保存袋などに入れて冷凍することで、使う時には冷凍のまま刻んで料理に使えます。
・にんにくをおろすか、フードプロセッサーでみじん切りにして袋に入れて冷凍します。その際に薄く伸ばしておくと、使うときに必要な量だけパキッと割ることができるので便利です。
・調理料の一つとして、醤油、酢、オリーブオイルなどで漬けて加工すると、長期的に保管することも可能です。

 

おぐらやま農場では、上記で挙げた無農薬野菜を取り扱っております。
ぜひお取り寄せいただいて美味しい料理を作って下さい。先述した保存方法も参考にしてみて下さい。